あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「愛か義務か?ホワイトデーお返し戦争!」- White Day: Valentine's reply in Japan - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

Japanese men are answering the call of Valentine's Day a month late. On February 14, only women give gifts. On March 14, or White Day, it's the men's turn.
日本人男性はバレンタインデーの要求に1ヵ月後に応えています。2月14日には、女性だけが贈り物をします。3月14日、或いはホワイトデーでは、それは男性の番です。

Of course I'll give my wife a present. But in my case, as I got a lot of gifts on Valentine's Day from my female colleagues, I have to give them presents in return. And this is what many other Japanese men will do, too.
勿論私は自分の妻にプレゼントを贈るでしょう。しかし私の場合、私はホワイトデーに女性の同僚から沢山贈り物をもらったので、私は彼女達にお返しとしてプレゼントを贈らなければなりません。そしてこれが他の多くの日本人男性もするだろう事です。

The idea for White Day began in 1980 as a marketing ploy by manufacturers of sweets and chocolates across Japan to boost sales. Returning "giri-choco," or "obligation chocolate," has become important to social etiquette. But the special woman in a man's life is usually more demanding than his coworkers. And they often expect jewelry or a new dress, according to a department store public relations manager.
ホワイトデーの概念は1980年に商売の策略として始まりました、売り上げを増加させようとする日本全国の甘いお菓子やチョコレートの製造会社によってです。「義理チョコ」或いは「義務チョコ」をお返しする事は、社交辞令には重要になりました。しかし男性の人生で特別な女性は通常彼の同僚よりもっと要求が多いのです。デパートの広報担当マネージャーによると、彼女達はよく宝飾品或いは新しい洋服を期待します。

Many Japanese men have a strong sense of obligation. Therefore, it's natural that on White Day they feel obligated to return gifts to those who have given them something on Valentine's.
多くの日本人男性は強い義務感をお持ちです。ですから、ホワイトデーに彼らが彼女達に贈り物をお返しするよう義務を感じるのも当然です、バレンタインに彼らに何かをあげた女性達にです。

For those that don't want to give a fancy dress or jewels, a personal touch can suffice. On Valentine's Day, my girlfriend gave me some chocolate she made, so I decided to return her a handmade present.
お洒落な洋服或いは宝飾品を贈りたくない男性に関しては、心のこもった物で満足させられます。バレンタインデーに、私の彼女は自分で作った幾つかのチョコレートを私にくれました、ですので私は彼女に手作りのプレゼントをお返しする事に決めました。

It might not be diamonds, but this cake is sweet enough. Andrew Bossone, Reuters.
それはダイヤモンドではないかもしれません、しかしこのケーキは十分甘いです。ロイターの、アンドリュー・ボソーンでした。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。