あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「ソフトバンクの急成長とこれから」- What is Softbank? | CNBC Explains - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

Here in Tokyo sits the headquarters of Japanese massive conglomerate, Softbank. It started as a software distributor, grew into a telecom giant, and now spans many industries pouring billions of dollars into the likes of Alibaba, Uber and WeWork. Its founder and CEO meets with Donald Trump and forms business deals with Saudi Arabia's royal family. And yet, it's a company you may know little about.
ここ東京には日本の巨大な複合企業であるソフトバンクの本部が存在しています。それはソフトウェア卸業者として出発し、成長して大手電話会社になり、そしてアリババ、ウーバー、ウィワークのような物に何十億円も注いで今や沢山の産業界に及んでいます。その創業者かつCEOはドナルドトランプと会談しそしてサウジアラビアの王室と取引をするビジネスを作りました。にも関わらず、それはあなたが少ししか知らないかもしれない企業です。

Softbank is ranked number 38 on Forbes' list of the World's Biggest Public Companies. That's a few slots higher than General Motors and IBM. And far ahead of Amazon, Coca-Cola and Walt Disney. Its business dealings really know no limits. They include telecommunications, e-commerce, finance, technology services, semiconductor design, media and marketing, a baseball team, and even a robot.
ソフトバンクは世界最大の公開会社のフォーブスのリストで第38位を占めています。それはジェネラルモータースとIBMよりも数個順位がより上です。そしてアマゾン、コカ・コーラそしてウォルト・ディズニーよりもずっと上位にいます。そのビジネス取引は本当に際限がありません。それらは電気通信、eコマース、ファイナンス、テクノロジーサービス、半導体設計、メディアとマーケティング、野球チームそしてロボットさえあります。

This is Pepper. It's a humanoid robot manufactured by Softbank, designed with the ability to read human emotions and even analyze voice tone. "This is a time when there are so many fun things to do!" So, who is behind it all? Founder and CEO, Masayoshi Son. He was born in a small town in Japan and moved to California at the age of 16. He graduated from UC Berkeley with a BA in Economics in 1980. Son is known for his fierce business strategies, and they seem to pay off.
これはペッパーです。それはソフトバンクによって生産され、人の感情を読みそして口調を分析しさえする能力付きで設計された人間の形をしたロボットです。「この時期って楽しい事いっぱいですね!」では、誰がその全ての裏側にいるのでしょうか?創業者兼CEOの孫正義です。彼は日本の小さな町で生まれそして16歳の時にカリフォルニアに引越しました。彼は経済学の文学士号を持って1980年にUCバークレーを卒業しました。孫氏は彼の激しい経営戦略で知られ、そしてそれらは利益を生んでいるようです。

After meeting with then President-elect Donald Trump in 2016, it was announced that Son would invest $20 billion in the U.S. tech sector. After the announcement in the Trump Tower lobby, Softbank's stock surged more than 6%, making Son instantly $2 billion richer. Son is now Japan's richest man. Yet a big part of Softbank's success and size may actually have less to do with Japan and more to do with China.
その当時の次期大統領ドナルド・トランプに2016年に会談した後、孫氏が200億ドルをアメリカの技術部門に投資するだろうという事が公表されました。トランプタワーのロビーでの公表の後、ソフトバンクの株は6パーセント以上急騰し、孫氏は即座に20億ドルより豊かになりました。孫氏は今や日本一の資産家です。しかしソフトバンクの成功と規模の大部分は、実際は日本とはあまり関係がなくそして中国とより関係があるかもしれません。

In 2000, Softbank made its most successful investment, putting $20 million into Alibaba. Fourteen years later, that investment turned into an estimated 60-billion payday when the Chinese e-commerce giant went public. That's almost a 3,000% gain in 14 years. With returns like that, it's no wonder Softbank's become an investing powerhouse.
2000年に、ソフトバンクは最も成功した投資をしました、それはアリババに2千万ドルを注ぐ物です。14年後、中国のeコマース大手企業が公開になった時、その投資は推定で600億ドルの大金に変化しました。それは14年間で大体30万パーセントの増加です。そのような運用益のお陰で、ソフトバンクが大手投資企業になったのも不思議ではありません。

Last year, Softbank invested in more than half of the top 10 biggest investments in VC-backed startups. That included ride-hailing giants, Didi Chuxing, Grab, and Ola, as well as Flipkart, the Indian e-commerce giant. And those investments are coming whether companies want them or not. When Didi Chuxing and Uber said they didn't need Softbank's money, Son threatened to invest in their rivals instead. Needless to say, the companies took the cash.
昨年、ソフトバンクはベンチャーキャピタルの支援を受けた上位10位の最も大きなスタートアップ企業の内半分以上に投資しました。それにはライドヘイリングの大手企業、ディディチューシン、グラブそしてオラ、インドのeコマース大手企業であるフリップカートもまた含まれました。そしてそれらの投資は企業がそれらを求めていようがなかろうがもたらされています。ディディチューシンとウーバーが自分達にはソフトバンクの資金は必要ないと発言した時、孫氏は代わりに競合企業に投資すると脅しました。言うまでもなく、その企業はお金を受け取りました。

Then there's the acquisitions. In 2016, Softbank purchased European semiconductor film, Arm Holdings, for $31 billion, the biggest purchase of a European tech company ever. Google-owner Alphabet also sold its robotics firm Boston Dynamics to Softbank in 2017 for an undisclosed amount.
その後、例の買収がありました。2016年にソフトバンクはヨーロッパの半導体膜のアームホールディングスを310億ドルで買収し、それはヨーロッパの技術会社買収で史上最大の買収でした。グーグルを所有するアルファベットもまたそのロボット工学会社のボストン・ダイナミクスをソフトバンクに2017年に未公開の額で売却しました。

Much of Softbank's recent investments are part of what's known as the Vision Fund—it's the largest technology investment fund in history. While the $100-billion fund is primarily backed by Softbank, it also includes massive investments from Apple, Qualcomm, SHARP, and the sovereign wealth funds of Saudi Arabia and the UAE. The fund has also invested billions of dollars into about 30 companies including Uber, ARM, NVIDIA and WeWork.
ソフトバンクの最近の投資の多くはヴィジョンファンドとして知られている物の一部で、それは史上最大の技術投資ファンドです。1千億ドルのファンドが主にソフトバンクによって支援されている一方で、それはアップル、クアルコム、シャープそしてサウジアラビアとアラブ首長国連邦の主権国家資産ファンドからの莫大な投資もまた含んでいます。そのファンドはウーバー、アーム、エヌビディアそしてウィワークを含む約30の企業にもまた何十億ドルと投資してきました。

It recently announced a $200-billion power generation project in Saudi Arabia, which would be the world's biggest solar project. And it isn't stopping there. The fund wants to become the largest shareholder in 100 tech companies around the world once it's done investing its money, creating the biggest ecosystem of tech companies in the world.
それは最近サウジアラビアでの2千億ドルの発電プロジェクトを公表しましたが、それは世界最大の太陽光を利用したプロジェクトでしょう。そしてそれはそこでとどまるつもりはありません。それがひとたび世界中の技術会社の最大のエコシステムを生み出すそのお金を投資する事を終えると、そのファンドは世界中の100の技術会社の中で最大の資金援助者になりたいと考えています。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。