あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「あなたのキャリアに大革命!生産性を高めるには?」- The Secrets of Being Productive - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

How can you be more productive?
どうすればあなたはもっと生産性が高くなるのか?

Top 5 Tips for Daily Efficiency
日効率の為のヒントトップ5

Here's my five tips for becoming instantly more productive.
すぐに生産性をより高める為に私の5つのヒントがここに有ります。

Tip number 1: When you're on your way to work in the morning, picture your day. Build a mental model of what's gonna happen throughout the rest of the day by telling yourself a story of what you expect to occur. That will make you more sensitive to paying attention to the right things and ignoring the things that you don't need to.
ヒント第1、あなたが朝仕事に向かっている時、あなたの1日を思い描きましょう。その日の残り時間を通して何が起きるだろうかというメンタルモデルを構築しましょう、あなたが起こると予想する事の話を自分自身に言い聞かせる事によって。これはあなたが正しい事へと注意を払うのをより慎重にさせるでしょう、そしてあなたが注意する必要の無い事を無視する事に対してもです。

Tip number 2: Look for choices that make you feel in control because that will generate self-motivation. For instance, when you're replying to emails, start each email just by typing a sentence, any sentence at all, that asserts that you're in charge. By deciding where you wanna have lunch or by saying yes or no, anything that makes you feel in control will make it easier to get all those emails done.
ヒント第2、あなたがコントロール出来ていると感じさせる選択を探し求めましょう、なぜならそれが自己動機付けを引き起こすだろうからです。例えば、あなたがメールを返信している時、それぞれのメールをただ1文タイピングする事から始めましょう、どんな文でも、それがあなたに主導権が有る事を明らかにするのです。どこであなたが昼食を取りたいかを決める事により或いはイエスかノーを言う事により、あなたがコントロールしていると感じさせる何かがそれら全てのメールを終わらせるのをより簡単にするでしょう。

Tip number 3: When you're writing a to-do list, always start by putting at the top of your to-do list some big, overarching stretch goal, some ambition that will remind you of what to do next, but then underneath, create a subgoal that's a smart goal, something that's specific and measurable, achievable, realistic, that has a timeline, because that's gonna give you your plan. It's gonna tell you what your first step is. And once you have a first step, it's much, much easier to get through everything else on your list.
ヒント第3、あなたがやることリストを書いている時、常に何か大きくて、包括的な少し高めの目標をあなたのやることリストの1番上に記入する事から始めて下さい、次にする事をあなたに思い出させるだろう何かの野望です、しかしその一方で下には、賢明な目標で有る副目標を作りましょう、具体的で測れる、達成可能で、現実的な、期限が有る事です、なぜならそれがあなたにあなたの計画を与えるからです。それはあなたにあなたの第1歩が何かを示すでしょう。そして一旦あなたが第1歩を踏み出すと、あなたのリストに有るその他全てを処理する事がもっともっと簡単になります。

Tip number 4: When you're in a meeting today, try and just on a pad of paper, keep track of who's spoken and how often they have. You wanna try and get psychological safety in a team to make it effective, and one of the key ingredients of that is, does everyone get a chance to speak up in roughly equal proportion? It's hard to keep track of who's talked and who hasn't. So, when a meeting starts, just make a quick list of who's in the room, and as each person talks, just check them off. And by the end of the meeting, you'll know, do you have psychological safety, do you have equality in conversational turn-taking? And if so, your team will be much more effective.
ヒント第4、あなたが今日会議に出る時、ただメモ帳に、誰が話したか及びどれ位の頻度で彼らが話したかを記録しようとして下さい。あなたは有効活用する為にチーム内で精神的な安心感を得るようにする必要が有ります、そしてその主要因の1つは、皆が大体同じ割合で発言する機会を得ているか?です。誰が話しそして誰が話さなかったを記録するのは大変です。ですから会議が始まる時、誰が部屋に居るかのクイックリストをすぐに作って下さい、そして各人が話す時、ただそれらにチェックマークを入れて下さい。そして会議の終わりまでに、あなたは知るでしょう、あなたには精神的な安心感が有るか、あなたは会話の順番交代において平等で有るか?という事を。そしてもしそうなら、あなたのチームは尚更効率的でしょう。

Tip number 5: When you encounter a new fact or lesson or something that you wanna remember today, force yourself to turn to someone else and explain it to them. Now, that's not for their benefit; it's for yours, because research shows that when we force ourselves to vocalize what we just learned and explain it to someone else, we're much more likely to remember it over the long term. Information becomes stickier when we have to interact and use it.
ヒント第5、あなたが新しい事実或いは教訓或いはあなたが今日覚えておきたい事に出くわす時は、他の誰かの方を向きそして彼らにそれを説明するよう自分自身を強制して下さい。さて、それは彼らの利益の為では有りません。それはあなたの利益の為で、なぜなら調査が示しているのは、私達が学習したばかりの事を声に出すよう私達自身に強制しそして誰か他の人にそれを説明する時、私達は長期に渡ってそれを覚えている傾向がより強いようです。情報は私達が交流し更にそれを使わなければならない時より定着するのです。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。