あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「人生におけるぬいぐるみの役割」- The Importance of Soft Toys - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

Sometimes you can catch important things about human nature in apparent incidentals. It's well observed that between the ages of around one and 12, many children manifest a deep attachment to a stuffed, soft object, normally shaped into a bear, a rabbit, or—less often—a penguin. The depth of the relationship can be extraordinary. The child sleeps with it, talks to it, cries in front of it, and tells it things it would never tell anyone else. What's truly remarkable is that the animal looks after its owner, addressing him in a tone of unusual maturity and kindness. It might, in a crisis, urge the child not to worry so much and to look forward to better times in the future. But naturally, the animal's character is entirely made up. The animal is simply something invented, or brought to life, by one part of the child in order to look after the other.
時々あなたは容易に見える偶然の事柄で人間性に関する重要な物事を見付ける事が出来ます。よく観察された結果によると1から12歳頃の間で、多くの子供は詰め物をした、柔らかい物に強い愛着を表します、普通は熊、ウサギ、或いは、それ程頻繁ではありませんが、ペンギンの形をしています。この関係の深さは驚くべき物かもしれません。子供はそれと寝て、それに話し掛け、その前で泣き、そしてそれにそれが決して他人に言わないだろう事を言います。実に驚くべき事は動物(ぬいぐるみ)はその持ち主の世話をする事で、並外れた成熟と優しさの口調で彼に話し掛けます。それは、危機において、子供を心配し過ぎない様に、そして未来のもっと良い時期に期待する様に励まします。しかし当然ですが、動物(ぬいぐるみ)というキャラクターは完全に作り上げられるのです。その動物(ぬいぐるみ)はただ子供の一部分によって創作され、或いは命を吹き込まれた物で、もう一方の自分の世話をする為にです。

The English psychoanalyst Donald Winnicott was the first person to write seriously, and with sensitivity, about the business of teddy bears. In a paper from the early 1960s, Winnicott described a boy of six, whose parents had been deeply abusive to him, becoming very connected to a small animal his grandmother had given him. Every night, he would have a dialogue with the animal, would hug him close to his chest and shed a few tears into his stained and graying soft fur. It was his most precious possession, for which he would've given up everything else. As the boy summarized the situation to Winnicott, "No one else can understand me like Bunny can," what fascinated Winnicott here was that it was, of course, the boy who had invented the rabbit, given him his identity, his voice, and his way of addressing him. The boy was speaking to himself via the bunny in a voice filled with an otherwise all-too-rarely-present compassion and sympathy.
イギリスの精神分析学者ドナルド・ウィニコットは、テディベアのビジネスに関して真剣にそして感性を持って執筆した第一人者でした。1960年代初めのある論文で、ウィニコットは6歳の男の子を描写しました、彼の両親は彼をひどく虐待していました、彼は彼の祖母が彼に贈った小さな動物(ぬいぐるみ)と強く繋がる様になっていました。毎晩、彼は動物と対話をしたでしょう、彼を彼の胸にしっかり抱き締めそして何滴かの涙を彼の染みの付いたそして灰色になりつつある柔らかい毛皮に流したでしょう。それは彼の最も大事な所有物で、彼はその為に他の全てを諦めていたでしょう。男の子がウィニコットに状況を要約した時、「ウサギちゃんより僕を理解出来る人は他に誰もいません、」ウィニコットの興味をかき立てた事がそれは、勿論、男の子がそのウサギを作り上げ、彼に彼の独自性を与えた事です、彼の声、そして彼の自分への話しかけ方をです。その男の子はウサギちゃんを通じて彼自身に話し掛けていました、本来ならあまりにも滅多に示されない思いやりと同情に満ちた声でです。

Although it sounds a little odd, speaking to ourselves is common practice throughout our lives. Often, when we do so, the tone is harsh and punitive. We upbraid ourselves for being losers, time-wasters, or perverts. But, as Winnicott knew, mental well-being depends on having to hand a repertoire of more gentle, forgiving, and hopeful inner voices. To keep going, there are moments when one side of the mind needs to say to the other that the criticism is enough: that it understands, that this could happen to anyone, that one couldn't have known. It's this kind of indispensable benevolent voice that the child first starts to rehearse and exercise—with the help of a stuffed animal.
これはちょっと変に聞こえますが、自分達に話し掛ける事は私達の一生を通じて普通の事です。多くの場合、私達がそうする時、口調は厳しくそして懲罰的です。私達は自分達が敗者、時間の浪費者、或いは邪道に陥った者である事をとがめます。しかし、ウィニコットが知った様に、精神健康はより優しく、寛容的、そして希望に満ちた内面的声のレパートリーを持たなければならない事に寄るのです。続けて行く為、心の一面がもう一方に批判はもう十分だと言う必要がある時があります。それは理解します、これは誰にでも起こるでしょう、誰も知っていたりは出来ません。この様な不可欠で親切な声こそが、子供達が最初に予行演習しそして練習し始める事です、ぬいぐるみの助けを借りて。

In adolescence, animals tend to get put away. They become embarrassing, evoking a vulnerability we're keen to escape from. But, to follow Winnicott, if our development has gone well, what was trialled in the presence of a stuffed animal should continue all of our lives—because, by definition, we will frequently be let down by the people around us, who won't be able to understand us, won't listen to our griefs, and won't be kind to us in the manner we crave and require.
青年期では、動物は放って置かれます。それらが恥ずかしくなり、私達がしきりに逃避したがる脆弱性を喚起します。しかし、ウィニコットに従うと、もし私達の発達が良く行っていれば、ぬいぐるみの存在が試された事は私達の全生涯を通じて続くべきです、なぜなら、本質的に、私達は度々私達の周りの人々に失望させられるでしょう、彼らは私達を理解出来ないでしょう、私達の悲しみに耳を傾けないでしょう、私が切望しそして必要とする方法で私達に優しくはないでしょう。

Every healthy adult should therefore possess a capacity for self-nurture, that is, for retreating to a safe, secluded space and speaking in a tone that's gentle, encouraging, and infinitely forgiving. That we don't formally label the understanding self "white rabbit" or "yellow bear" shouldn't obscure the debt that the nurturing adult self owes to its earlier embodiment in a furry toy.
全ての健康的な大人は従って自己育成の能力を持つべきです、それは、安全で、人目に付かない空間に退き、そして優しい、激励の、非常に寛容な口調で話す事です。私達は正式に思いやりのある自分に「白いウサギ」或いは「黄色い熊ちゃん」とレッテルを貼りませんが、自己育成が出来る大人自身がより早い時期の毛皮のおもちゃの形態の恩義を覆い隠すべきではありません。

A good adult life requires us to see the links between our strengths and our regressive, childlike states. Being properly mature demands a gracious accommodation with what could seem embarrassing or humiliatingly vulnerable. We should honor stuffed animals for what they really are: tools to help us on our first steps in the vital business of knowing how to look after ourselves.
良い大人の生活は私達に私達の強みと私達の後退、子供らしい状態との間の相互関係を見付け出す事を必要とします。きちんと成熟する事は、恥ずかしそうに見えるだろう或いは恥をかかせる様な脆弱な物事との慈悲深い適応を要します。私達は動物の本当の姿に尊敬な念を持つべきです、私達が自分自身のケアの仕方を知る必須の課題で第一歩を踏み出すのに役立つツールです。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。