あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「英字新聞『ガーディアン』が報道3匹の子豚に新たな展開」- The Guardian: Three Little Pigs - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

"Big Bad Wolf boiled alive"
「大きな悪いオオカミが生きたまま釜茹でにされた」

Little pig, little pig, let us in! It's the police! Move!
子豚、子豚、私達を入れてくれ!警察だ!出動!

The third little pig is now being taken into custody, so the spotlight has once again shone on the gray area of homeowners' rights to protect their properties.
3番目の子豚は今身柄を拘束されています、それでスポットライトは再度住宅所有者の彼らの財産を守る為の権力と言う灰色地帯に当たりました。

"This isn't right. The three little pigs are the victims."
「これは正しくないのです。3匹の子豚こそ被害者です。」

"The wolf blew down two houses. He got what he deserved."
「オオカミは2軒の家を吹き倒しました。彼は自業自得でした。」

"The pigs went too far."
「子豚達は度が過ぎました。」

"You have every right to defend your property."
「あなたはあなたの財産を守るのに十分な権利があります。」

"Keep your chinny chin chins up, fellas."
「元気を出して頑張れ、皆。」

Boiling someone alive hardly constitutes reasonable force.
人を生きたまま釜茹でにするのはとても正当防衛に相当しません。

"Is killing an intruder ever justified?"
「侵入者を殺す事はそもそも正当化されるのでしょうか?」

"If someone tried to blow my house down, I'd do the same."
「もし誰かが私の家を吹き倒そうとしたら、私も多分同じ事をするでしょう。」

I knew the wolf. There's no way he could've blown down those houses—he had asthma!
私はオオカミを知っていました。彼がそれらの家を吹き倒すのはあり得ません、彼は喘息があるのです!

The wolf had asthma, so what's the truth about the pigs' houses being blown down? Inside job?
オオカミは喘息持ちでした、では子豚の家が吹き倒された事に関する真実は何でしょうか?内部犯行ですか?

"'Huff and Puff' simulation"
「フーフー息を吹き掛ける模擬実験」

There's no reason why those two houses, one made from straw, the other from wood, should've collapsed—not even a healthy wolf's huff and puff could bring them down!
1軒がわらで、もう1軒が木で出来ているそれらの2軒の家がつぶれる理由はありません、健やかなオオカミでさえフーフー息を吹き掛けてそれらを倒す事は出来ません!

The three little pigs have confessed to conspiring to commit insurance fraud, framing the wolf in an attempt to cover their tracks. Their motive was financial as they struggled to keep up with their mortgage repayments.
3匹の子豚は共謀して保険金詐欺を企てた事を認め、彼らの痕跡を隠そうとオオカミを犯人に仕立て上げたのです。彼らの動機は金銭的で、彼らは住宅ローンの返済を滞納しまいと四苦八苦だからでした。

Guilty.
有罪です。

"I can empathize."
「私は共感出来ます。」

"I'm behind on my payments too."
「私も滞納しています。」

"How could this have happened?"
「どうしてこれは起きたのでしょうか?」

"I've lost everything."
「私は全てを失いました。」

"Public outrage as mortgage defaults soar"
「住宅ローンの返済不行き届き急増に、国民の怒り」

We want change! We want change!
私達は改革を望む!私達は改革を望む!

"The banks made the pigs do it!"
「銀行が子豚にこんな事をさせたのだ!」

We want change! Come on!
私達は改革を望む!頼むよ!

"Riots spark reform debate"
「暴動が改革議論の口火を切る」

The Whole Picture
全体像(をご報道します)

The Guardian
ガーディアン

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。