あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770
英語解説コラム

『給料に関する英語』TOEIC頻出!!!

給料に関する英語

『給料に関する英語』

仕事とお金は切っても切れない関係。
給料が上がると仕事のモチベーションも一気にあがりますよね
本日はTOEICにも頻出「仕事に関するお金」の英語を学んでみましょう。

► salary 給与

企画・管理業務等を中心とする企業で働く従業員の給料に対して使われます。

【例】
I would accept their job offer if they gave me a higher salary.
(もし彼らが私により高い給与を与えたなら、私はその仕事を受け入れるでしょう。)

► wage / rate 賃金

生産現場で肉体を駆使し業務に従事する労働者の給与に対して使用されます。

♦ 時給 hourly  wage / rate
♦ 日給 daily  wage / rate
♦ 週給 weekly  wage / rate
♦ 最低賃金 minimum  wage

【例】
The minimum wage in this country is too low for most people to get by.
(この国の最低賃金はあまりにも低くて、ほとんどの人が生活することができません。)

► piece rate 出来高払、単価請負

契約時に決定する全体請負金額や工期に従い工事を行い
完成後施主に引き渡す労働形態に関連する給与に対して使用されます。

【例】
The recent labor law will affect factory workers who are paid on a piece rate.
(最近の労働基準法は出来高制で支払われている工場労働者に影響を与えるでしょう。)

► paycheck 給料

アメリカでは給料は基本的に小切手で支払われ、
後日銀行でお金に替えるシステムを採用しています。

【例】
My paycheck isn’t enough to cover all my credit card expenses.
(私の給料はクレジットカートの支払いの全てを埋め合わせる程十分ではありません。)
--------------------------------------------------
楽勝2

英語学習に役立つ動画や使える日常慣用句も【無料】で公開中!

◎チェックする→【英語動画で勉強する】無料の英語動画でネイティブの会話に慣れましょう!

◎チェックする→【英語日常慣用句】ネイティブが使う実用慣用句を学びましょう!

►►eラーニング教材【楽勝】無料体験学習◄◄

体験

英語解説コラム】英語のスラングや慣用句を例文付きで解説!

【関連コラム】
1.『Wingman』ってどういう意味?
2.『sick』だけじゃない! 「気分が悪い」の英語表現いろいろ
3.Happy Halloween!!!『ハロウィン関連単語』