あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「ピクサーから学ぶ心を動かすストーリー」- Pixar in a Box: Introduction to Storytelling - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

Hey, Pete.
こんにちは、ピート。

Oh, hey, Val.
おお、やあ、ヴァル。

How's it going?
調子はどう?

You know what, I'm...I'm having a really bad day.
あのね、僕は...僕は本当についていないなあ。

What happened?
何があったの?

See, what Val's saying when she says, "What happened?" is "Tell me a story." And that's actually what this season of Pixar in a Box is all about.
見て下さい、「何があったの?」と彼女が言う時、ヴァルは「私にストーリーを聞かせて。」と言っているのです。そしてそれが実際今季のPixar in a Boxに関する全てです。

To make a movie here at Pixar, it takes years. But it all starts with a story. Humans have been telling stories since we could speak, probably even before. We tell stories around the campfire; we write plays; we write novels, short stories; we make movies; we take photographs, tweet to each other...the list goes on. The power of story is that it has an ability to connect with people on an emotional level. One of the things you hear all the time—this advice—is write what you know.
ピクサーで映画を1本製作するのには、何年か掛かります。でもそれは全て1つのストーリーから始まります。人類は私達が言葉を喋れる様になって以来ストーリーを語り続けています、恐らくより以前からかもしれません。私達はキャンプファイヤーの周りでストーリーを語ります。私達は脚本を書きます。私達は小説や短編小説を書きます。私達は映画を製作します。私達は写真を撮り、お互いにツイートします...このリストは続きます。ストーリーの力はそれが感情のレベルで人々と繋がる能力がある事です。あなたがいつも聞く物事の1つ、この助言は、あなたが知っている物事を書く事です。

Now, as a kid, I was like, I don't wanna write about suburban Minnesota. That's boring. I wanna write about explosions and monsters and car chases. Well, what that actually means is, yeah, go ahead and write about monsters and explosions and car chases, but put something into it that talks about your own life...how you feel. Do you feel scared? Do you feel alone? Something from your own life will make that story come alive and not just be a boring car chase.
さて、子供の頃、僕はこんな感じだった、僕は郊外のミネソタ州について書きたくないよ。それはつまらない。僕は爆発やモンスターやカーチェイスについて書きたいんだ。ああ、それが実際意味しているのは、良いですね、思い切ってモンスターとカーチェイスについて書くと言う事です、でもあなた自身の人生について語る何かをそれに取り入れましょう...あなたがどの様に感じるかをです。あなたは恐怖を感じますか?あなたは孤独に感じますか?あなたの人生からの何かはそのストーリーを生き生きとさせ、そしてただのつまらないカーチェイスではなくなります。

When I started directing Monsters, Inc., the way I'd pitch it is it's about a monster who scares kids for a living. It's his job! He clocks in, he clocks out, he eats donuts and talks about union dues, and we thought that was a pretty funny idea. And sure enough, when I would tell it to people, they would smile. But when we told the story as a film, people started getting bored and restless, and they're like, "I don't understand what this movie's about." Well, what I finally figured out was that it's actually not about a monster who scares kids; it's about a man becoming a father. And that was what was happening to me.
私が『モンスターズ・インク』を監督し始めた時、私が設定しただろうやり方は、これは生活の為に子供を怖がらせる1匹のモンスターについてです。これが彼の仕事です!彼は出勤にタイムカードを押します、彼は退勤にタイムカードを押します、彼はドーナツを食べそして労働組合費について話します、それから私達はそれがとても面白い発想だと思いました。そして思った通り、私がそれを人々に語るだろう時、彼らは微笑むでしょう。しかし私達がこのストーリーを映画として語った時、人々は退屈に、そして落ち着かなく感じ始めました、そして彼らは「私はこの映画が何についてなのか分かりません」と言いました。ああ、私が最終的に解明したのはこれが実際子供を怖がらせるモンスターについてでなかった事でした。これは男性が父親になりつつある事についてでした。そしてそれが私に起きている事そのものでした。

So, why write about what you know? Well, it's because probably what happened to you made you feel some particular way. And what you're trying to do, really, when you tell a story is to get the audience to have that same feeling.
では、何故あなたが知っている事を書くのでしょうか?ああ、これは恐らくあなたに起きた事があなたを幾つか特別な方に感じさせたからかもしれません。そしてあなたがしようとする事は、実の所、あなたがストーリーを語る時にあなたが観衆を同じ感じにさせる事です。

One of the big revelations for me telling stories is how much work they are, really. I always thought you'd just tell the story once, and it would be perfect, and geniuses like Walt Disney or Miyazaki, this brilliance comes out of their head once, and there it is. Well, the truth is our stories don't always come out exactly perfectly the first time...or the second time, or the third time, or the fourth time, up to the 30th time. And so you keep going again and again and again. And only after retelling the story many, many times does it really sparkle.
私がストーリーを語る事における大きな新事実は、それらがどれ程骨が折れるかです、本当です。ただストーリーを1度語れば、そうすればそれが完璧だろうと、そしてウォルト・ディズニー或いは宮崎駿の様な天才の様に、この才気は一旦彼らの頭から生まれると、ほら出来たとなると私はいつも思っていました。ああ、事実は私達のストーリーは1回目でいつも完璧に生まれないという事で、或いは2回目、或いは3回目、或いは4回目、30回目でまでです。だから、あなたは繰り返して努力し続けています。そしてストーリーを何回も何回も再び語った後にだけ、それ(ストーリー)が本当に輝くのです。 

This season of Pixar in a Box is about how we at Pixar tell our stories in hopes that it will inspire you to tell yours.
今季のPixar in a Boxは私達がピクサーでどの様に私達のストーリーを語るかに関してで、これがあなたがあなたの(ストーリー)を語るのに刺激を与え役立つ事を願います。

But...seriously, what happened?
でも...本当の所、何があったの?

Oh. Oh, so the first thing... I get to my desk, right? It's eight o'clock in the morning...
おお。おお、だからまず...僕は僕の机に行く、そうだよね?それは朝8時だった...

  • 「いつも、四六時中」- All The Time

    One of the things you hear all the time—this advice—is write what you know.
    あなたがいつも聞く物事の1つ、この助言は、あなたが知っている物事を書く事です。

  • 「生き生きとする」- Come Alive

    Something from your own life will make that story come alive and not just be a boring car chase.
    あなたの人生からの何かはそのストーリーを生き生きとさせ、そしてただのつまらないカーチェイスではなくなります。

  • 「出勤にタイムカードを押す」- Clock In

    He clocks in, he clocks out, he eats donuts and talks about union dues, and we thought that was a pretty funny idea.
    彼は出勤にタイムカードを押します、彼は退勤にタイムカードを押します、彼はドーナツを食べそして労働組合費について話します、それから私達はそれがとても面白い発想だと思いました。

  • 「思った通り」- Sure Enough

    And sure enough, when I would tell it to people, they would smile.
    そして思った通り、私がそれを人々に語るだろう時、彼らは微笑むでしょう。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。