あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「私のフトアゴヒゲトカゲ」- My New Pet - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

Well then, I suppose it all starts three years ago. It was the 15th of August, 2011. I received my A-level exam results and failed to get into the university of my choice. It's fair to say I was feeling pretty sorry for myself. I was pretty darn low. So the irrational part of my brain decided that the only way to solve this problem would be to buy a pet. Not a normal pet, though. No, it needed to be something different, something exciting.
ええ、これはすべて3年前に始まったと思います。2011年8月15日でした。私はAレベル試験の結果を受け取り、志望していた大学に入学出来ませんでした。自分をとても惨めに思っていたと言っても仕方ないでしょう。かなり落ち込んでいました。なので私の脳の理性的で無い部分がこの問題を解決する唯一の策はペットを買う事だと決めたのです。でも、普通のペットで無いのを。いや、何か違ったのが必要でした、刺激的なペットが。

So I went online and did a bit of research and came across this: a bearded dragon. It was perfect. I paid a visit to my local pet shop, located the reptile section, and found exactly what I was looking for. I exchanged the money—25 pounds and 50 pence, 25 for the dragon and the 50 pee for a leftover bag of wood chips. Buckled the box into the passenger seat, not daring to look inside, and returned home.
そういう訳で私はオンラインで少し調査をし、偶然見つけました、フトアゴヒゲトカゲ。完璧でした。私は地元のペットショップを訪れ、爬虫類コーナーを探し、そしてちょうど私が探していたのを見付けました。私はお金を支払いました、25ポンドと50ペンス、25ポンドはトカゲの分で、50ペンスは木製チップの残り物袋の分。助手席のシートベルトで箱を締め、あえて中を見ずに、家に帰りました。

I always remember that moment placing the box on my desk and opening it up. It was glorious. He was perfect. I called him Sid. Over the next two years, a beautiful relationship blossomed between me and Sid. We did everything together. We went everywhere together. We were like two peas in a pod.
私は机の上にその箱を置いて開けた瞬間をずっと覚えています。美しかったです。彼は完璧でした。私は彼を「シド」と呼んでいました。その後2年間、私とシドの素晴らしい関係が花開きました。私達は何でも一緒にしました。どこへでも一緒に行きました。いつも仲良しでした。

However, inevitably, the day came back around when I had to resit my exams for university. By the grace of god, this time I passed, meaning that I would be off to university, and Sid... Well, Sid would have to go. He was given away to a loving family, whom I'm sure provided him the level of love and affection that we had shared over the past two years. But still, it was a sad day.
でも、必然的に、大学の再受験をしなければならない日が来ます。神の恩恵で、今回は合格しました、つまり私は大学に行くと言う事です、そしてシドは...ああ、シドも去らなければなりませんでした。彼は愛情深い家族の元へ譲られました、その家族はきっと私が過去2年で共有した程度の愛や好意を彼に与えてくれていると思います。それにしても、悲しい日でした。

I think about him sometimes. I wonder whether he thinks about me, longing for the days that we used to spend together. And then the realization hits me that he is just a dragon, and he's probably far happier living a life of dragon luxury with a fancy cage, a warm heat lamp, and all the carrots and cucumber he can eat.
我時々彼の事を想います。彼は私の事を考えているでしょうか、一緒に過ごしていた日々が恋しいです。後になって彼は単なるトカゲだと気付きます、彼はきっと随分と幸せでしょう、高価なケージで生活し、温かな加熱灯、人参ときゅうりを食べられて。

After that, things were never the same. I felt empty inside. A relationship between a man and a reptile was something that can't be matched. And I guess I needed to fill the void. So off I went again on my travels across the Internet, searching, scouring the web for a new soul mate. I was looking for something mean, exciting, impressive, thrilling, a life-long companion, and then, suddenly, I found the perfect match.
その後、何もかもが変わりました。心の中が空っぽでした。人間と爬虫類の関係は釣り合いが取れません。そして私にとってこの空虚感を埋める必要があったのだと思います。再度インターネットの旅に出て、検索し、新しいソウルメイトを徹底的に調べました。何か格好良くて、刺激的で、印象的、ワクワクする、一生の友、その後、突然、私は完璧な出会いを見付けました。

So without further ado, I'd like to introduce you to Herbert. Herbert is a tortoise at a ripe old age of one and he is a badass. Did you know that a tortoise has the same lifespan as a human, and in some cases, can live up to 150 years? That means that Herbert's dad lived through two World Wars. He didn't do anything, but he was there nonetheless.
難しい話は抜きにして、あなたを「ハーバート」に紹介しましょう。ハーバートは長生きする亀でいかした奴です。亀は人間と同じ位の寿命が有り、ある事例では150年も生きたと知っていますか?つまりハーバートのお父さんは第二次世界大戦2回分を生きたという事になります。彼は何もしませんでしたが、それにも関わらずそこにいました。

Little Herbert is just a baby, but in time, he's gonna get bigger. At adult size, he'll be around 280 millimeters in length, weighing around 2.5 kilos. And he's a herbivore, so he likes grass, ferns, flowers, tree leaves, and fruit. But his favorite thing ever is a dandelion. Herbert loves dandelions. We keep this for a special treat.
小さなハーバートはまだ赤ん坊です、でもいつか、彼は大きくなります。大人のサイズだと、彼は大体身長280ミリになり、2.5キロ程の重さになります。そして彼は草食動物なので、草や、シダ、花、木の葉、フルーツが好きです。でも彼の絶対的なお気に入りはたんぽぽです。ハーバートはたんぽぽが大好きです。これは特別なご褒美の為に置いておきます。

But as is the same with any human, dandelions would never do. Dandelions can't hold your hand and kiss you good night and listen to your problems. Dandelions can't make your knees go weak and set your heart to flutter. So I figured that I don't need to be fair to get Herbert a Herbert, so here's Doris.
人間と同じく、たんぽぽだけでは永遠には満足しません。たんぽぽは手を握ったり、寝る前におやすみのキスや、あなたが抱える問題を聞いてくれたりはしません。たんぽぽはあなたを骨抜きにしたり、胸を高鳴らせません。もちろんハーバートに他のハーバートを見付ける必要は無いので、「ドリス」がここにいます。

Herbert and Doris are in love, very, very much in love. I'd like to think that one day they might have babies. But until then, it's just me and them. I'm excited for the future has in store for us, me and these two tiny tortoises. No one can ever beat Sid and I don't know if these two tiny prehistoric animals will ever be able to fill his jogging shoes. But I guess we have 100 years to find out.
ハーバートとドリスは愛し合っています、とても、とても相思相愛です。いつか彼らが赤ん坊を持てば良いなと思います。でもそれまでは、私と彼らだけです。私達に将来何が起こるのか期待しています、私とこの2匹の小さな亀達。誰もシドには勝てませんし、この2匹の先史時代の動物が彼の代役を十分に果たせるかどうかは分かりません(注1)。しかし私達にはそれを見つけ出す時間が100年間は有るでしょう。

注1:fill someone's shoesは「代役を十分に果たす」の意味ですが、ここではユーモアでfill his "jogging" shoesに変更されています。

  • 「偶然見つける」- Come Across

    So I went online and did a bit of research and came across this: a bearded dragon.
    そういう訳で私はオンラインで少し調査をし、偶然見つけました、フトアゴヒゲトカゲ。

  • 「訪問する」- Pay A Visit

    I paid a visit to my local pet shop, located the reptile section, and found exactly what I was looking for.
    私は地元のペットショップを訪れ、爬虫類コーナーを探しました、そしてちょうど私が探していたのを見付けました。

  • 「探す」- Look For

    I paid a visit to my local pet shop, located the reptile section, and found exactly what I was looking for.
    私は地元のペットショップを訪れ、爬虫類コーナーを探し、そしてちょうど私が探していたのを見付けました。

  • 「譲る、贈る」- Give Away

    He was given away to a loving family, whom I'm sure provided him the level of love and affection that we had shared over the past two years.
    彼は愛情深い家族の元へ譲られました、その家族はきっと私が過去2年で共有した程度の愛や好意を彼に与えてくれていると思います。

  • 「難しい話は抜きにして」- Without Further Ado

    So without further ado, I'd like to introduce you to Herbert.
    難しい話は抜きにして、あなたを「ハーバート」に紹介しましょう。

  • 「いつか」- In Time

    Little Herbert is just a baby, but in time, he's gonna get bigger.
    小さなハーバートはまだ赤ん坊です、でもいつか、彼は大きくなります。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。