あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「現役の星、80歳の客室乗務員」- Lessons from 60 Years as a Flight Attendant - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

For nearly six decades, Bette Nash has been sharing her vibrant smile with the world—all from 30,000 feet. At 80 years young, it's safe to say that she's seen it all and served them all. Few people know more about the pace of change in travel than Bette, who's thought to be the world's oldest active flight attendant.
60年近くの間、ベティ・ナッシュは彼女の活気に満ちた笑顔を世界と共有しています、全て3万フィート(約9100メートル)上空からです。80歳という年で、彼女は全てを目撃しそしてあらゆる人々をもてなしてきたと言って間違いありません。ベティ以上に旅行における変化のスピードに関して知る人はほとんどいません、彼女は世界最年長の現役客室乗務員だと考えられています。

I wanted to be a flight attendant from the time I got on the first airplane. I was 16 years old—the pilot and the flight attendant walked across the hall, and I thought, Oh my God! I said that was for me.
私は自分が初めて飛行機に乗った時から客室乗務員になりたいと思っていました。私は16歳でした、パイロットと客室乗務員がホールを横切ったのです、そして私は思いました、何て事でしょう!私はそれが私にふさわしい(仕事だ)と言いました。

At the time, flying was a lavish experience. It was a sophisticated party up in the air. Today, glancing around the tightly-packed plane, it's far from the white-gloved glamor of the golden years. Yet Bette still loves it just as much as ever.
当時、飛行機に乗る事は贅沢な経験でした。それは上空での洗練されたパーティーでした。今日、満席の機内を見回すと、黄金時代の白手袋の華やかさとは程遠いです。それでもベティは今でも全く変わらない程それ(仕事)が大好きです。

I love my people. And I love being on the same flight all the time that I know my customers. You know what they want. The airline thinks names are important, but I think a lot of times, people's needs are very important. Everybody wants a little love.
私は私のお客様を愛しています。そして私はいつも同じフライトに乗るのが大好きなので、私は自分のお客様を知っています。あなたは彼らが望む物をご存じでしょう。航空会社は評判が重要だと考えます、でも私は多くの場合、人々のニーズがとても重要だと思います。誰でも少しの愛が欲しいのです。

After 59 years, there's still no stopping her.
59年後、彼女を止める物はまだありません。

I started with the Eastern Air Lines November 4, 1957, and the rest is history. Some of the trips that I flew in the beginning—I flew these 13-hour days. I remember going, you know, Detroit, Cleveland, Pittsburgh, Charlotte, Tampa, Jacksonville, and Miami, and I was the only one on the plane. You worked harder physically in those days.
私は1957年11月4日にイースタン航空から始めました、そしてその後の事は言うまでもありません。私が最初の頃飛行機で行った旅行の幾つかは、私は当時13時間飛行機に乗りました。私が行った事を覚えているのは、そうですね、デトロイト、クリーブランド、ピッツバーグ、シャーロット、タンパ、ジャクソンビル、そしてマイアミです、そして私が機内で唯一(の客室乗務員)でした。あなたはその時代身体的にもっと厳しく働きましたよね。

When she first flew, training was focused more on appearance.
彼女が初めて飛んだ時、訓練はより外見が重視されました。

People called it "Charm School" in those days. They took you to the beauty parlor and cut all your hair off. You could wear mascara. You couldn't wear eyeshadow. You had to be a certain height and a certain weight. And you were constantly being weighed.
人々は当時それを「チャームスクール」と呼びました。彼らはあなたを美容院に連れて行きそしてあなたの髪を全て切り落としました。あなたはマスカラを付ける事は出来ました。あなたはアイシャドーを付ける事は出来ませんでした。あなたは特定の身長と特定の体重でなければなりませんでした。そしてあなたはしょっちゅう体重を測定されました。

And the outfits, as we saw at the Smithsonian, changed with the mood of each era.
そして服装は、私達が『スミソニアン』で見た様に、各時代の傾向によって変化しました。

The attire was—when I first started—was very conservative. My gosh. Then we started getting very, you know, out there in the world. You know, we had the hot pants, the go-go boots...you know, a turtleneck shirt that came up to here and buttoned underneath. After that, then things started calming down a little bit.
服装は、私が最初に始めた時、とても保守的でした。おやまあ。それから私達は変わり始めました、そうですね、普通ではなくなりました。ご存知の通り、私達はホット・パンツや、ゴーゴー・ブーツがありました...そう、ここまで来る下がボタンで留められたタートルネックのシャツがありました。その後、状況は少し落ち着き始めました。

Yet nothing's changed more in the industry than technology.
しかしこの産業で科学技術より大きく変化した物は何もありませんでした。

When I first started flying, they would chalk everything up on a board. Now you have the computer screens. There's very little left of...the manual way of life. Everything was on a piece of paper before, and now everything is on a tablet. Technology really made the difference of "Am I gonna stay or am I gonna go?" And even if—when I think I might retire or something, then I come to work and I think, Oh, I couldn't...I couldn't do that. It's stimulating coming out here and even walking through the airport. The airlines are evolving continuously. And I think you have to evolve with them.
私が最初に飛び始めた時、彼らは黒板にチョークで全て書き留めていたものでした。今やあなたにはパソコン画面があります。残された物はごく僅かな...手作業の生活様式です。昔は全ての物が紙上にありました、そして現在全ての物はタブレット上にあります。科学技術は本当に「私は留まるのだろうかそれとも去るのだろうか?」という事に影響を及ぼしました。そして例え、私が私は退職か何かをするかもしれないと思う時でさえ、私は仕事に戻りそして私は思うのです、ああ、私は出来ないわ...私はそんな事出来ないだろうと。ここに来てそして空港の中を歩くだけでも良い刺激になります。航空会社は絶え間なく進化しています。そして私はあなたが彼らと共に進化していかなければならないと思います。

And Bette's neither deterred nor threatened by it.
そしてベティはそれにより妨げられる事もなければ脅かされる事もありません。

They'll never phase out a flight attendant, because they need the human touch. And people need that human interaction.
彼らは決して段階的に客室乗務員を廃止しないでしょう、なぜなら彼らには人間味が必要だからです。そして人々はその様な人との交流を必要としています。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。