あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「【TED】目標は人に言うべき?達成への驚きの秘訣」- Keep Your Goals to Yourself - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

Everyone, please think of your biggest personal goal. Okay? For real—you can take a second. You gotta feel this to learn it. Take a few seconds and think of your personal biggest goal, okay?
皆さん、あなたの最大の個人目標を考えて下さい。良いですか?真剣に、あなたは考えるのに少し時間を使っても良いです。あなたが知るにはこれを考えなければなりません。少し時間を取りそしてあなたの個人目標を考えて下さい、良いでしょうか?

Imagine deciding right now that you're going to do it. Imagine telling someone that you meet today what you're going to do. Imagine their congratulations and their high image of you. Doesn't it feel good to say it out loud? Don't you feel one step closer already, like it's already becoming part of your identity? Well, bad news: You should've kept your mouth shut, because that good feeling now will make you less likely to do it.
あなたがそれを実行するつもりだとたった今決断している事を想像しましょう。あなたは自分がしようとしている事を今日あなたが会う人に話していると想像して下さい。彼らの祝福及びあなたに対する好印象を想像しましょう。声を大にしてそれを言う事は良い気持ちがしませんか?あなたは既に1歩近付いていると感じませんか、まるでそれがあなたの独自性の1部になっている様な?ああ、悪い知らせです。あなたは自分の口を閉じたままにしておくべきでした、なぜならその良い気分は今やあなたがそれを実行する可能性を少なくするからです。

The repeated psychology tests have proven that telling someone your goal makes it less likely to happen. Anytime you have a goal, there are some steps that need to be done, some work that needs to be done, in order to achieve it. Ideally, you would not be satisfied until you'd actually done the work. But when you tell someone your goal and they acknowledge it, psychologists have found that it's called a "social reality." The mind is kind of tricked into feeling that it's already done. And then, because you felt that satisfaction, you're less motivated to do the actual hard work necessary. So this goes against the conventional wisdom that we should tell our friends our goals—right?—so they hold us to it. So, let's look at the proof.
度重なる心理学テストが証明しているのは、誰かにあなたの目標を伝えるとそれが起こる可能性が低くなる事です。あなたが目標を持つ時はいつでも、行われる必要が有る幾つかの段階と、実行されなければならない幾つかの作業が有ります、それを達成する為に。理論上、あなたは自分が実際にその作業を終わらせるまで満足しないでしょう。でもあなたが誰かに自分の目標を教えそして彼らがそれを認識する時、心理学者はそれが「社会的実在性」と呼ばれる事を発見しました。その精神状態はそれが既に終わったと感じる様にだまされるみたいな物です。それから、あなたが満足を感じたという理由で、あなたは実際に必要となる大変な作業をするモチベーションが低くなります。つまりこれは私達が目標を友達に話すべきという社会通念に反します、そうですよね?ですから友達は私達にその目標を守らせるのです。では、その根拠を見てみましょう。

1926: Kurt Lewin, founder of social psychology, called this "substitution." 1933: Wera Mahler found when it was acknowledged by others, it felt real in the mind. 1982: Peter Gollwitzer wrote a whole book about this, and in 2009, he did some new tests that were published.
1926年、クルト・レヴィンは、社会心理学の創設者で、これを「代償行為」と呼びました。1933年、ヴェラ・マーラーは目標が他者によって認められた時、それが心では現実の様に感じた事を発見しました。1982年、ピーター・ゴルウィツアーはこれに関して丸1冊の本を書きました、そして2009年、彼は公開された幾つかの新たな実験を行いました。

It goes like this: 163 people across four separate tests, everyone wrote down their personal goal; then half of them announced their commitment to this goal to the room, and half didn't. And then everyone was given 45 minutes of work that would directly lead them towards their goal, but they were told that they could stop at any time. Now, those who kept their mouths shut worked the entire 45 minutes, on average, and when asked afterwards, said that they felt that they had a long way to go still to achieve their goal. But those who had announced it quit after only 33 minutes, on average, and when asked afterwards, said that they felt much closer to achieving their goal.
それはこの様になります。163人の人々が4つに分けられたテストに向かい、全員が自分達の個人目標を書きました、その後彼らの半分が部屋に居る人々にこの目標に対する彼らの決心を宣言しました、そして半分はしませんでした。それから目標に向けて自分達を直接導くと思われる作業の為に全員が45分間与えられました、でも彼らはいつでも止める事が出来ると告げられました。さて、口外しなかった人々は平均して全45分間作業しました、そして後で聞かれた時、彼らは自分達の目標を達成する為に更に続けるべき長い道のりが有る様に感じたと言いました。しかし目標を宣言した人々は平均してたったの33分後に止めてしまいました、そして後で聞かれた時、彼らは自分達の目標を達成するのにとても近付いた様な気がしたと言いました。

So, if this is true, what can we do? Well, you could resist the temptation to announce your goal. You can delay the gratification that the social acknowledgment brings. And you can understand that your mind mistakes the talking for the doing. But if you do need to talk about something, you can state it in a way that gives you no satisfaction, such as, "I really wanna run this marathon, so I need to train five times a week. And kick my ass if I don't, okay?"
では、もしこれが本当なら、私達には何が出来るでしょうか?ええ、あなたは自分の目標を宣言する事への誘惑に抵抗出来るでしょう。あなたは社会的承認がもたらす満足を後に取って置く事が出来ます。そしてあなたはあなたの心が有言と実行を取り違えると理解出来ます。しかしもしあなたが何かについて話す必要が確かに有る場合、あなたは自分に満足感を与えない様な方法でそれを言う事が出来ます、例えば、「私は本当に今度のマラソンを走りたい、だから私は1週間に5回練習する必要が有るんだ。だからもし私がしなかったら喝を入れてよ、いいかい?」と。

So, audience, next time you're tempted to tell someone your goal, what will you say? Exactly! Well done.
ですから、観客の皆さん、次回あなたが自分の目標を誰かに話そうという気持ちになったら、あなたは何と言うでしょうか?その通りです!良く出来ました。

  • 「~を考える」- Think Of

    Everyone, please think of your biggest personal goal.
    皆さん、あなたの最大の個人目標を考えて下さい。

  • 「真剣に、本当に」- For Real

    For real—you can take a second. You gotta feel this to learn it.
    真剣に、あなたは考えるのに少し時間を使っても良いです。あなたが知るにはこれを考えなければなりません。

  • 「たった今」- Right Now

    Imagine deciding right now that you're going to do it.
    あなたがそれを実行するつもりだとたった今決断している事を想像しましょう。

  • 「口を閉じたままにする」- Keep One's Mouth Shut

    You should've kept your mouth shut, because that good feeling now will make you less likely to do it.
    あなたは自分の口を閉じたままにしておくべきでした、なぜならその良い気分は今やあなたがそれを実行する可能性を少なくするからです。

  • 「~に…を守らせる」- Hold One To

    —so they hold us to it.
    …ですから友達は私達にその目標を守らせるのです。

  • 「喝を入れる」- Kick One's Ass

    "And kick my ass if I don't, okay?"
    「だからもし私がしなかったら喝を入れてよ、いいかい?」と。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。