あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「『ハリー・ポッター』作者J・K・ローリングの暗闇の試練」- J.K. Rowling's Untold Story of Adversity - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

While on a train at age 25, an idea struck J.K. Rowling like a bolt of lightning: Boy doesn't know he's a wizard goes to wizard school. Not having a pen on her at the time, Rowling sat on the train as the ideas came flooding in. That night, she began writing her first book—Harry Potter and the Philosopher's Stone. She didn't know it at the time, but years later, those very words would spark the imagination of millions of children worldwide.
25歳の時に電車に乗りながら、1つのアイデアがJ・K・ローリング(の頭の中)に一閃の稲妻の様に閃きました、彼が魔法使いである事を知らずに魔法学校へ行く男の子です。その時彼女はペンを持たず、アイデアがドッと押し寄せた時ローリングは電車に乗っていました。その夜、彼女は彼女の初めての本を書き始めました、『ハリー・ポッターと賢者の石』です。彼女はその時にはそれを知りませんでした、でも数年後、正にその文字の数々が世界中の何100万人もの子供達の想像力を刺激したでしょう。

Shortly after she began writing, however, her mother passed away. Regrettably, Rowling had never shared with her mother the wonders of Harry Potter. The years after her mother's passing were hard for Rowling. As a struggling writer, she married and had her first child. However, the marriage was short-lived. Reflecting on this period, Rowling says, "I'd failed on an epic scale." In her own words, this is when she entered the darkest period of her life and questioned whether she would get through it.
しかし、彼女が描き始めた後間もなく、彼女のお母さんが亡くなりました。残念な事に、ローリングは未だかつて『ハリー・ポッター』の大成功を彼女のお母さんと共有した事がありませんでした。彼女のお母さんが亡くなった後の数年はローリングにとってきつかったです。悪戦苦闘している作家として、彼女は結婚しそして彼女の第1子をもうけました。しかしながら、この結婚生活は短かったのです。この時期を回顧しながら、ローリングが言いました、「私は途方もない程失敗しました。」と。彼女自身の言葉では、この時彼女は彼女の人生の最も暗い時期に入りそして彼女は切り抜けるかどうかに疑問を持ちました。

Amidst the darkness, Rowling found comfort in her writing and went on to complete the Harry Potter series. These very years, the ones that tested her resolve and inner strength, formed much of her writing and ultimately how the series would unfold. Many of the characters and creatures that make up the wizarding world arose from this dark period of her life. She would later reflect, the books wouldn't be what they are if she hadn't have died. I mean, her death is virtually on every other page of the Harry Potter books.
この暗闇の中で、ローリングは彼女の執筆に慰めを見出しそして『ハリー・ポッターシリーズ』を完成し続けました。正にこの数年間、彼女の決意と内面的な強さを試した数年が、彼女の執筆の多くを形作りましたそしてシリーズが最終的にどの様に展開するかをです。魔法の世界を構成するキャラクターと生き物の多くは彼女のこの暗い時期に生じました。彼女は後でじっくり考えたら、もし彼女が死んだ事がなかったら、この本は今の様になってはいなかったでしょう。私が言いたいのは、彼女の死は実際『ハリー・ポッター』書籍で何ページかおきにあるのです。

Harry Potter has since become the best-selling book series in history. The books have sold over 400 million copies, and the movie series has grossed 5.3 billion dollars in total. Rowling is now credited with doing more for childhood literacy than any other person in history. She now views her dark period as providing the very direction she needed to focus on the only work that mattered to her: being a mother and telling great stories.
『ハリー・ポッター』はそれから史上最も売れるシリーズ作品になりました。書籍は4億部以上売れ、そして映画シリーズは53億米ドルの総収益を上げました。ローリングは今児童の識字能力において歴史上の他の誰よりも功績があると思われています。彼女は今彼女の暗い時期を彼女にとって重要な唯一の仕事に専念する為の彼女が必要だった正にその方向を与えてくれたと考えています、母親である事そして素敵な物語を語る事にです。

"And so rock bottom became the solid foundation upon which I rebuilt my life," Rowling acknowledges. In life, it is not what happens to us that matters, but rather how we choose to interpret what happens, and therefore who we become as a result. You know you've found the hidden wisdom in your deepest scar, when you view it as your greatest gift.
「それでどん底が私が自分の人生を建て直す強固な基盤になりました。」とローリングが認めました。人生において、重要なのは私達に何が起こるかではありません、でもむしろ(重要なのは)何が起こったかを私達がどの様に解釈する事を選択するか、そして従って結果的に私達がどんな人間になったかです。あなたはあなたの1番深い傷に隠れた知恵を見付けたとあなたは知っているでしょう、あなたがそれをあなたの最高のプレゼントとして見る時に。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。