あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「サンタの手紙は燃やす!イギリスのクリスマス」- How to Have a British Christmas - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

Burning letters to Father Christmas, setting off explosives at the dinner table? These may seem crazy to you, but they're perfectly normal behavior at a British Christmas, or as we sometimes call it, "Crimbo."
サンタクロース宛に手紙を燃やす、ディナーの席に爆発物?これらが常軌を逸しているとあなたは感じるかもしれません、でもそれはイギリスのクリスマス(または私達が時々「クリンボ(注1)」と呼びます)では全くもって普通なのです。

Here are 10 Christmas traditions that never made it to America.
アメリカには到達しなかったクリスマスの伝統10個がここに有ります。

Letters to Father Christmas.
サンタクロースへの手紙

In America, kids write letters to Santa and put them in the mailbox, but in England, we toss them straight in the fire. We're not trying to make children cry. Burning the letters sends them directly to the North Pole, where Santa can read your Christmas wishes in the smoke. Yes, it may seem a little weird, but it does save on postage.
アメリカでは、子供達がサンタへ手紙を書きそしてそれらを郵便ポストへ投函します、でもイギリスでは、私達はそれらを直接火の中へ投げ入れます。私達は子供達を泣かせようとしている訳では無いです。手紙を燃やす事で北極へ直接それらを届けます、そこでサンタは煙の中であなたのクリスマスのお願いを読めますしね。はい、少し変に思えますが、それでも郵便代は省けます。

Hanging stockings.
靴下を吊るす

American children traditionally hang stockings around the fireplace for Santa to fill with presents, but in the UK, we hang stockings around the bed. Being surrounded by presents is a great way to wake up on Christmas morning, and a great way to let Father Christmas, a total stranger who's been watching you all year, get really close to your sleeping body. Sweet dreams! Also, instead of leaving out milk and cookies for Father Christmas, we leave him brandy and a mince pie because he is a grown-up.
アメリカの子供達は伝統的にサンタがプレゼントで靴下を一杯に出来るよう暖炉の傍に靴下を吊ります、しかしイギリスでは、私達はベッドの周辺に靴下を吊ります。クリスマスの朝にプレゼントに囲まれて目覚めるのは素晴らしく、さらにサンタクロース、つまり全く見ず知らずの他人があなたを1年中監視し、寝ているあなたの身体にかなり近付ける素敵な方法です。良い夢を!また、サンタクロースの為に牛乳とクッキーを置いておく代わりに、私達は彼にブランデーとミンスパイ(ドライフルーツのパイ)を置きます、なぜならサンタクロースは大人ですから。

Christmas crackers.
クリスマスのクラッカー

A cracker may not seem like the most festive thing to serve on Christmas dinner, but these are not the type of crackers that you put cheese on. A Christmas cracker is a brightly decorated cardboard tube filled with fun prizes. When grabbed and pulled apart, a tiny explosive inside makes a loud cracking noise, hence the name. Inside the cracker is usually a cheesy plastic prize, a paper crown, and a terrible joke.
クラッカーはクリスマスのディナーで出される最高のお祝い品とは思えないかもしれません、でもこれらはあなたが上にチーズを置くタイプのクラッカーではありません。クリスマスのクラッカーは面白い景品が入っている鮮やかに装飾された段ボールの筒です。握られバラバラに割かれると、小さな爆発物が中に有り大きな鋭い音を立てます、ですからその名前なのです。クラッカーの中は一般的につまらないプラスチックの景品、紙の王冠、そして下手なジョークになります。

"Why are ghosts so bad at lying?"
「幽霊はなぜそれほど嘘を付くのが下手なのでしょう?」
"Because you can see right through them."
「なぜならあなたが彼らを見通せるから。」

I'm so sorry.
本当にすみません。

Christmas hats.
クリスマスの帽子

Inside the Christmas cracker are colorful paper hats that it is absolutely mandatory to wear. In fact, 90 percent of Christmas arguments stand from trying to make to your grumpiest relative put that paper crown on. The other 10 percent comes from playing Monopoly because there are some Christmas traditions that we share, unfortunately.
クリスマスクラッカーの中身は色とりどりな紙で出来た帽子が有り必ず被らなければなりません。実際、クリスマスの口喧嘩の90パーセントは気難しい親戚に紙の王冠を載せようとして始まります。残りの10%は人生ゲームで遊ぶ事から生じます、なぜかと言うと私達が共有するクリスマスの伝統がいくつか有りますので、残念ながら。

Christmas dinner.
クリスマスのディナー

A British Christmas dinner is just as big a feast as an American one. The main dish is usually roast turkey, often surrounded by bacon-wrapped chipolatas, which are many pork sausages. Bacon-wrapped miniature pork sausages, now, that's a tradition that you Americans should get behind. We serve the turkey with roast potatoes and veggies, traditionally brussels sprouts, which are gross, but it's tradition, so we eat them anyway. We have gravy to smother everything in, and something called "bread sauce," which isn't a sauce to put on bread, but a sauce that's thickened with bread, which looks a little lumpy but tastes delicious. Then we eat until we can't move and watch telly until we pass out. Sound familiar?
イギリスのクリスマスディナーはアメリカの祝宴とちょうど同じ位盛大です。主菜は一般的にローストした七面鳥で、大抵はベーコンに包まれたチポラータ、沢山の豚肉ソーセージです。ベーコンで巻かれた小さめの豚肉ソーセージ、ええ、それはあなた方アメリカ人が支持するはずの伝統です。私達はローストしたポテトと野菜と共に七面鳥を出します、伝統的に芽キャベツも、吐き気がしますが、でも伝統なので、私達はそれをとにかく食べます。私達は全てにグレイビーソースをかけます、「パンのソース」と呼ばれる物です、パンに付けるソースでは有りません、ただしそのソースはパンで濃厚になっていて、見た目がでこぼこしていますが味は美味しいです。その後私達は動けなくなるまで食べて、意識を失うまでテレビを見ます。聞き覚えが有りますか?

Christmas pudding.
クリスマスプリン

Americans love to have their pumpkin and pecan pies for Christmas dessert, but in the UK, we have Christmas pudding. This is a very dense boiled cake, flavored with dried fruit and spices; it's then soaked in alcohol, aged for several months, boiled again, soaked in alcohol again, and then set on fire. Come to a British Christmas. We soak everything in alcohol and then light it on fire.
アメリカ人はかぼちゃとピーカンナッツのパイをクリスマスのデザートとして食べるのが大好きです、でもイギリスでは、私達はクリスマスプリンを食べます。これはとても濃く煮たケーキで、ドライフルーツとスパイスで味付けされます、次にそれはアルコールに浸されて、何ヶ月間か熟成させられ、再度煮込まれ、またアルコールに浸けられ、そしてその後それを燃やします。イギリスのクリスマスに来て下さい。私達は全てをアルコールに浸けて、そしてそれを燃やします。

The Royal Christmas message.
皇室のクリスマスメッセージ

That's right. Every Christmas day, Her Majesty the Queen gives a holiday speech reflecting on the events of the past year. We all sit around pretending to pay attention but secretly carrying on with whatever it was we were doing before. Think of it as the State of the Union but with much more gold.
そうです。毎年クリスマスの日に、女王陛下が去年の出来事を振り返りながら祝日のスピーチを行います。私達は皆腰を下ろしちゃんと聞いているふりをします、でも密かに私達がそれまでしていた事を続けます。それを一般教書演説だと考えて下さい、ただもっと沢山の金が有ります。

Boxing Day.
ボクシングデイ

Boxing Day is the day after Christmas Day. Its origins are debatable. Some said that it's a day when workers would receive a box of gifts from their bosses, others said that it's a day when people would box up gifts for the poor, but the main thing that happens on Boxing Day nowadays is shopping. It's kind of like a Black Friday, only nobody gets trampled to death.
ボクシングデイはクリスマスの次の日です。その起源は議論の余地有りです。ある人はそれを労働者が彼らの上司から箱入りのプレゼントを受け取る日だと言います、他は貧しい人々へのプレゼントを人々が箱詰めする日だと言っています、しかし近年ボクシングデーに起きるメインイベントは買い物です。それはまるでブラックフライデーです、ただ誰も死ぬまで踏みつけられたりはしません。

Pantomime.
パントマイム

Every year around the Christmas hols, pretty much every theater in the country puts on a pantomime. These are plays for kids based on fairy tales such as Cinderella and Aladdin, and involving a lot of high camp cross-dressing and audience interaction. They're normally starring jaded celebrities, so if the idea of seeing David Hasslehoff in a dress excites you, you should definitely check one out.
毎年クリスマス休暇に、その国内のほとんど全ての劇場がパントマイムを上演します。これらは『シンデレラ』や『アラジン』の様なおとぎ話を元にした子供向けの劇で、更に男性が女装したり観客との交流を沢山含んでいます。それらは通常疲れ切ったセレブを主役にします、そういう訳でドレスを着たデビッド・ハッセルホフを見ると言うアイデアであなたが興奮するならば、あなたは必ず1つは行ってみるべきです。

Taking down the Christmas tree.
クリスマスツリーの解体

We Brits believe that the Christmas tree and decorations should be taken down within 12 days of Christmas—otherwise you'll have bad luck for the rest of the year. This is maybe a tradition that Americans should consider adopting. I've certainly seen people keep that old, brown, dried, withered Christmas tree until almost the fourth of July.
私達イギリス人はクリスマスツリーとデコレーションはクリスマスを含む12日以内に解体するべきだと信じています、そうでなければその年の残りの間ずっと不幸になります。これはきっとアメリカ人が採用を考慮すべき伝統です。私は確かに古くなった、茶色で、乾燥し、干からびたクリスマスツリーをほぼ7月4日まで放置する人々を見る事が有ります。

Those are some of the major differences between British and American Christmases. Thanks for watching. Subscribe for more episodes, and let us know in the comments what you think is the most important part of a proper British Christmas.
それらがイギリスとアメリカのクリスマスの主な違いのいくつかでした。ご覧頂き有難うございました。他のエピソードは購読ボタンをどうぞ、そしてコメント欄にてあなたが思うイギリスのクリスマスの最も重要な部分を私達に教えて下さい。

Happy Crimbo!
ハッピークリンボ!

注1:Crimbo はクリスマスを意味します。

  • 「到達する」- Make It

    Here are 10 Christmas traditions that never made it to America.
    アメリカには到達しなかったクリスマスの伝統10個がここに有ります。

  • 「支持する」- Get Behind

    Bacon-wrapped miniature pork sausages, now, that's a tradition that you Americans should get behind.
    ベーコンで巻かれた小さめの豚肉ソーセージ、ええ、それはあなた方アメリカ人が支持するはずの伝統です。

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。