あなたのブラウザはサポートされていません。
最新のGoogle Chromeをアップデートしてください

ダウンロード

service@kiboueigo.com
TEL : (050) 5809-8770

「香港とマカオの未来はいかに?」- Are Hong Kong & Macau Countries? - ホープイングリッシュ


丸をクリックするか字幕をダブルクリックで辞書が開けます!

Welcome to Hong Kong: the island city of China packed with seven million people at unbelievable density. But if you, dear tourist, start from Victoria Harbor and head toward the mainland, you'll find that while Hong Kong is China, she doesn't act like it.
香港へようこそ、信じられない程の密度で700万人がひしめき合う中国の陸繋島都市です。もしあなたが、親愛なる観光客であれば、ヴィクトリア・ハーバーからスタートして本土を目指して下さい、香港は中国ですが、まるで違う様だと気付くでしょう。

To cross the bridge, your passport must be checked and stamped and checked and stamped. Not because you're a suspicious foreigner, mainland Chinese can't just stroll across either, but rather because Hong Kong has her own immigration policy.
橋を渡るのに、パスポートがチェックされスタンプが押されチェックされスタンプが押されます。あなたが怪しい外国人だからでは無く、本土の中国人もまた歩いて渡れません、正しくは香港が独自の出入国政策を持つからです。

And Hong Kong isn't the only isolated island, there's nearby Macau with her own passport-checking bridge and a ferry between them, which also checks passports. Travel from Hong Kong to Macau to the mainland and back and you'll end up with three stamps, and that goes for everyone. Hong Kongese can't just live in Macau, and Macanese can't live in Hong Kong and they both can't just live on the mainland.
香港は唯一の孤立した島ではありません、近くにマカオが有りパスポート確認橋とフェリーが香港とマカオの間に有ります、そこでもまたパスポート確認をします。香港からマカオまた本土へ旅行し戻って来ると、3つのスタンプが押されて終わるでしょう、それは皆に適用されます。香港人はマカオに住めず、マカオ人は香港に住めません、かれらは共に本土に住む事は出来ません。

Yet, it's all China, and inconvenient travel isn't the only speciality of these sister islands. They also have separate governments and political parties, separate police, separate money, postal systems, schools, and languages. Hong Kong even has her own Olympic team which competed in the 2008 Beijing Olympics, which doesn't make any kind of sense.
しかし、それは全て中国で、不便な旅だけがはこれらの姉妹島の特質ではありません。それらはまた個別の政府と政党、別の警察、別の貨幣、郵便制度、学校、そして言語を有しています。香港はさらに独自のオリンピックチームが有り、2008年の北京オリンピックにて競技を行いました、これは根本的に理にかなっていません。

The only things these sister islands don't have that other countries do are: one, their own armies, though that isn't entirely unique with modern countries, and two, formal diplomatic relations, though even this is unclear as both are members of international trade organizations. And other countries have embassies in Hong Kong and Macau.Sure China won't let them be called embassies; those are only for mighty Beijing. They're called consulates even if they're bigger than Beijing's embassies.
他国が保有しているがこれらの姉妹島には無い唯一の物は、1、独自の軍、現代の国々ではさして特徴的ではないですが、そして2、公式の国交、しかしながら双方は国際貿易機関のメンバーなので、これははっきりとしていませんが。香港とマカオには他国の大使館があります。確かに中国はこれらを大使館とは呼びません、大使館は偉大な北京だけの名です。これらは領事館と呼ばれています、例え北京の大使館よりも大きくても。

All this makes Hong Kong and Macau, as mentioned in a previous video, the most country-like countries that aren't countries. So why are they China? China says so. It's called One China, Two Systems, though fast counters in the audience will see it should be called One China, Three Systems. Also, there's China's special economic zones where capitalism runs free, making it more like One China, Four Systems. And if China got her way, it might be One China, Five Systems. But we can't talk about everything, so back to China, Hong Kong, and Macau (oh my!) China ended up having these two essentially city-states, as always, because Empire.
これが香港とマカオの全てです、先のビデオで触れましたが、最も国らしい国々が国では無いのです。ではそれらはなぜ中国なのでしょう?中国がそう言っているからです。「1つの中国、2つの制度」と呼ばれています、視聴者の中の敏感な反対論者は「1つの中国、3つの制度」と呼ぶべきだと捉えるかもしれませんが。また、中国の経済特区があり、そこでは資本主義が自由に作動しています、まるで「1つの中国、4つの制度」の様です。もし中国が思い通りにするなら「1つの中国、5つの制度」になるかもしれません。しかし私達は全て話せませんので、中国、香港、マカオに戻りましょう(なんてことでしょう!)中国は最終的にこの2つの都市国家を持つ事になります、このようにして、なぜなら帝国が理由です。

Portugal showed up in Asia in the 1500s and didn't exactly make friends. China and Portugal skirmished until Portugal used bigger-pile-of-money diplomacy to bribe a local Chinese official into turning over the islands of Macau as a trading port she could use.
1500年代にポルトガルがアジアに現れ、厳密には友達を作りませんでした。中国とポルトガルは小競り合いをします、ポルトガルが山積みの金を持って「賄賂外交」をするまで、これはマカオの島々を使用出来る取引を中国地方当局とする為でした、貿易拠点として。

Later, Britannia found China and discovered that she had many lovely things, like silks and porcelain and precious, precious tea that Britannia craved. In return, China wanted from Britannia to be left alone and Britannia nobly agreed to respect China's independence and sovereignty.
後に、イギリスが中国を発見し中国は素晴らしい物を沢山持っていると気付きます、例えばシルクや陶器またイギリスが切望していた高価な、高価なお茶です。お返しに、中国はイギリスに不干渉を望み、イギリスは中国の独立と主権を尊重に気高く同意しました。

Oops! Opium Wars! Nothing generates demand like addiction which Britannia was happy to supply. And her bigger-gun diplomacy secured Hong Kong as a base through which the drugs must flow. Later in a world where telegraphs and lightbulbs were newfangled, a lease gave control of Hong Kong to Britannia for 99 years or quote "as good as forever," kicking the transfer problem down the generations to be dealt with by the unimaginably futuristic society of the 1990s. Thus, these cities grew up under the influence of their Emperiffic parents. Hong Kong had English common law and lived in Britannia's org chart as one of her many crown colonies and Macau had Portuguese civil law.
おっと!アヘン戦争!イギリスが喜んで提供した中毒ほど要求を駆り立てる物は無いのです。「砲艦外交」により香港をドラッグが間違いなく流通するはずの基盤として確保しました。後の世界では電報や電球が流行し、1枚の契約書がイギリスに99年間の香港支配、または「永遠も同然」をもたらし、譲渡問題を後世に残しました、1990年代の想像を絶するほどの革新的な社会に対応する為に。しかしながら、これらの都市は親となる帝国の影響を受けて成長します。香港はイギリスと共通の法律を持ち、英国の組織図の直轄植民地に名を連ね、マカオはポルトガルの民法を有していました。

And the parental effect is still seen today: visit Hong Kong and she is clearly Britannia's daughter what with her love of business and international finance and lasers and English-accented language and near-identical transport system. Macau had a more troubled adolescence, as her bigger sister stole the spotlight with her trading skills. But Macau eventually grew up to be the gambling capital of the world. She's Las Vegas times 10 with a mixture of both Portugal and China.
親の影響は今日に至り未だに見られます、香港を訪れて下さい、香港は明らかにイギリスの娘です、理由は商売愛や国際財政そしてレーザー光線好き、また英語訛りの言語とほぼ同じ様な交通機関などです。マカオは問題の多い思春期を送りました、姉が貿易技術でマカオへの関心を薄れさます。しかしゆくゆくマカオは世界におけるギャンブルの首都となります。マカオはラスベガスの10倍で、ポルトガルと中国両方の混合を持ち合わせています。

But empires come and empires go, and the 90s eventually arrived, meaning Britannia's lease expired. Portugal claimed the treaty gave her control of Macau forever, but China disagreed and the UN was in a no-empires-no-longer mood, and frankly, had Portugal complained too much, China could have used her own bigger-army diplomacy at this point to resolve the situation.
しかし帝国が来ては帝国が去る、そして90年代はとうとうやってきます、つまりイギリスの契約は切れます。ポルトガルは条約にはマカオの永久支配を付与していると主張しました、しかし中国は同意せず、国連は「もう帝国は必要ない」ムードで、正直に言うと、ポルトガルは不満を言いすぎていました、この時点で中国は大軍外交でこの状況を解決する事も出来ました。

So the transfer was going to happen, but the world was nervous about China, what with the lingering communism and all, so the deal was the empire's daughters would go, but they had to remain basically independent, to which China agreed as long as everyone else agreed to call them China.
そうして返還が起こりそうになっていました、しかし世界は中国に関して不安を感じていました、長引く共産主義などの理由で、なので取引は帝国の娘達は返しますが、基本的にはそれらの独立を維持しなければならず、中国は他者がそれらを中国と呼ぶ限りは良いと同意します。

The situation was a bit like if the U.S. had to give Alaska back to Russia and Russia super promised to leave Alaska self-governing. You couldn't blame the locals for being nervous. But unlike what you'd expect in this case, China has mostly left the little sister islands alone.
その状況はまるでアメリカがアラスカをロシアに返還し、ロシアがアラスカの自治を残すと特別に約束した様です。地元民に神経質になるなと非難は出来なかったでしょう。しかしこの状況で予期していたのとは異なり、中国は小さな姉妹島の大部分を残しました。

So, everything is dandy. However, the handover came with its own version of the as-good-as-forever clause. China didn't agree to leave Hong Kong and Macau alone for all time, only fifty years, again, passing political problems to a future generation. (Hopefully one that's actually unimaginably futuristic this time.)
そういう訳で、すべて上手くいきました。しかしながら、返還には独自バージョンの「永遠も同然」が付いて来ました。中国は永遠に香港とマカオをそのままにしておくのには同意しませんでした、50年だけ、またです、政治的な問題を未来の世代に残すのです。(願わくば今回は想像を絶するほどの革新的な社会であって欲しいです。)

Anyway, assuming such provincial concerns as these are not rendered irrelevant by the singularity, what happens in the 2040s? Will Hong Kong and Macau remain tiny city-states or will they lose their independence and be absorbed? Only China knows, and China does not say.
とにかく、その特異点(注)によって、この様な地方関連事項も重要な話題だと示していると考えています、2040年代には何が起きるのでしょうか?香港とマカオは小さな都市国家を維持するのでしょうか、それとも独立を失い吸収合併されるのでしょうか?中国だけが知っています、そして中国は口に出さないでしょう。

注:特異点とは、特別に他と異なる場所や状態を表す、物理や数学の理論です。

  • 「適用される」- Go For

    Travel from Hong Kong to Macau to the mainland and back and you'll end up with three stamps, and that goes for everyone.
    香港からマカオまた本土へ旅行し戻って来ると、3つのスタンプが押されて終わるでしょう、それは皆に適用されます。

  • 「意味をなす、道理にかなう」- Make Sense

    Hong Kong even has her own Olympic team which competed in the 2008 Beijing Olympics, which doesn't make any kind of sense.
    香港はさらに独自のオリンピックチームが有り、2008年の北京オリンピックにて競技を行いました、これは根本的に理にかなっていません。

  • 「やりたい様にする、思い通りにする」- Get One's Way

    And if China got her way, it might be One China, Five Systems.
    もし中国が思い通りにするなら「1つの中国、5つの制度」になるかもしれません。

  • 「現れる」- Show Up

    Portugal showed up in Asia in the 1500s and didn't exactly make friends.
    1500年代にポルトガルがアジアに現れ、厳密には友達を作りませんでした。

  • 「~も同然」- As Good As

    ...a lease gave control of Hong Kong to Britannia for 99 years or quote "as good as forever"...
    …1枚の契約書がイギリスに99年間の香港支配、または「永遠も同然」をもたらし、…

  • 「~の理由で」- What With

    ...visit Hong Kong and she is clearly Britannia's daughter what with her love of business and international finance and lasers...
    ...香港を訪れて下さい、香港は明らかにイギリスの娘です、理由は商売愛や国際財政そしてレーザー光線好き...

この文章を再生する

ログインして学習機能を使う

メールアドレスでログイン

プレーヤー案内

  • 機能紹介

    単語反復、前の単語、後の単語:表示の通り、センテンスを繰り返し聞く事が出来ます。リピートしている時はボタンがオレンジ色になり、再生していない時は灰色です。前の語句と次の語句のボタンを押すと自動的に再生します。
    語句の保存保存する文章を追加、削除がしたい時にクリック。

    日、英字幕オン・オフ:日、英語字幕をオンにするには緑のボタンを、オフにするには灰色をクリックして下さい。1文の内容を聞く毎に、字幕をオフにしてもう再度聞いてみるのをおすすめしています。まるで日本語を聞いているような感覚までに、自身の英語力が向上した様に感じられます!
    単語を保存:マウスで英単語を選択すると不要な
  • シェア
    面白いまたは好きな動画が有れば、動画の最後で友達にシェア出来ます。みんなで一緒に動画で英語を学習しましょう。

    または保存したお気に入りのセンテンスが有れば、それをシェアする事も出来ます。友達と一緒に英語のセンテンスを学びましょう。